日本とMLBでWARのポジション補正が違い過ぎる件

1 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:42:33 9Ex
MLB(rWAR)

*捕手: +10.0 得点
*遊撃手: +7.5 得点
*二塁手: +3.0 得点
*三塁手: +2.5 得点
*中堅手: +2.5 得点
*左翼手: -7.5 得点
*右翼手: -7.5 得点
*一塁手: -10.0 得点
*指名打者: -15.0 得点

NPB(DELTA)
捕手 +18.1
遊撃手 +4.8
二塁手 +6.9
三塁手 -4.4
中堅手 -1.0
左翼手 -8.9
右翼手 -4.4
一塁手 -11.0
DH -12.0

2 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:43:12 vdO
やっぱりキャッチャーって守備の要だわ
3 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:43:46 ZXZ
なんか根拠あるんかね
5 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:44:59 9Ex
>>3
あるで
説明しよか?
6 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:45:12 ZXZ
>>5
オナシャス
4 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:44:44 9Ex
MLBでは捕手>ショート>セカンド>サード、センター>レフト>ライト>ファースト>DH
NPBでは捕手>セカンド>ショート>センター>サード、ライト>レフト>ファースト>DH
7 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:46:00 9Ex
MLBの場合は、
・同じ選手が複数ポジションを守った場合の守備指標の比較
・それぞれのポジションごとの打撃成績の平均

この二つが併用されてるんや

8 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:47:11 9Ex
例えばA選手がレフトを守ったときは守備指標が+3.0だったが、ショートを守ったときは-3.0だった
このときレフトとショートの間には6.0分の差があると考えるんや
こういう比較をMLBの全選手、全ポジションで行う
これが守備位置比較や
9 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:48:41 9Ex
ところがNPBには十分な守備指標の蓄積がないからこの手法がとれない
だからDELTAは「守備位置にはそれぞれ難易度があり、難易度が高いほと負担がかかり打撃にも影響が出る」という仮定の下、
2004〜2017までの各ポジションごとの平均打撃成績のみを用いて算出してるんや
10 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:49:34 ZXZ
ようはまだまだ未熟ということか
11 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:49:34 KrN
だから日本のは全く信用ならんと何度も
12 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:50:30 9Ex
だから日本は捕手がほぼ打てないという特徴があるから、捕手の守備位置補正がめちゃくちゃ高くなる
さらにはセカンド>ショートという逆転現象まで起こってる
13 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:51:44 9Ex
つまり山田vs坂本論争は、一見するとポジションがショートである坂本のほうが高い守備補正を受けそうだが、
実は日本の場合はセカンドの萌芽高い補正を受けてるということなんや
15 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:56:38 9Ex
でもこれっておかしいってわかるやろ?
ショートのほうがセカンドより難しいなんて誰でも知っとる
ショートで通用しなかった人がセカンドになるのが普通だからや
山田も菊池もショートでダメだったからセカンドに転向した
18 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:59:31 WMW
>>15
大の山田オタクやけどそれは正論やな
16 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)10:58:25 ZXZ
でもようやくセイバーが査定や評価に使われだしたからなぁ
技術や設備投資が進まんと改善されなさそう
21 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)11:02:42 pRO
度数を仮定で算出してるは笑う
22 :野球好きの名無しさん 2018/09/01(土)11:04:35 9AN
三塁手の守備負担って結構重いんやけど
日本は打撃型の三塁手多いからだいぶマイナス補正になってまうな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。